こちらのサイトではWordPressテーマのSTORKを使ってみることにしました。

こんにちは、じぇみ じぇみ子です。

隙間産業的にプロに頼むほどではないけど自分では作れない、そんな方々のお手伝いをしております。

本業は自分でもよく分かりませんがライターやブロガー、またチラシやWEBサイト・ブログやパソコンの使い方などレッスンしたりして生活しております。

そしてやっとこ「ポートフォリオ的なサイトを作るか~」と重い腰をあげたのですが、メインブログには書きにくい技術的なメモなどもココに書いていくことに決めました。

あまり役には立たないかも知れません、すみません。

こちらのサイトでは有料のWordPressテーマ「STORK」を使っていきます。

STORKの魅力はなんといってもショートコード!

[colwrap]
[col3]デスクトップの時のみ3カラムになるよ[/col3]
[col3]ショートコードを使うと簡単だよ[/col3]
[col3]タブレット&スマホでは1カラムだよ[/col3]
[/colwrap]

 

こんな感じでイイカンジにしてくれます。このカワイイイラストは無料イラスト素材の「ぴよたそ」さんのものです。やってみて気付いたけど同じサイズの画像を使った方が見栄えが良いですね。

[btn class=”big”]まに!ぴん!🐻[/btn]

[btn class=”big lightning”]まに🍎ぴん[/btn]

ちなみにボタンはURLが付いてないとボタンの形になりませんのでURLはメインブログの「まにぴん」につながります。

[aside type=”warning”]注意事項はこんな感じです[/aside]

[aside type=”normal”]補足説明はこんな感じ。すごく便利!!

  • リスト
  • なんかも
  • スタイル指定済み
  • で見やすい[/aside]

ちなみに何故こんなのをわざわざ書いているかと言いますと、この記事を見ながら色の変更を行ったからです。

\\\└(‘ω’)┘////

カスタマイズした部分

そのままでも十分オシャレなテーマで色の変更だけでも雰囲気が変わります!

子テーマが用意されてるので使うのが早い

JetPackというプラグインにCSS編集という機能があります。

この機能を使うとテーマファイルを触らずにCSSの変更が出来るので子テーマを使わずともテーマのアップデートなどに対応できる便利さがあります。

しかしphpファイルは触れないので、細かくカスタマイズしたい人は子テーマの導入が間違いないですね。

子テーマの導入方法

  1. 公式サイトからzipファイルをダウンロード
  2. テーマのインストール画面からzipファイルを選択
  3. 有効化

以上です。

これでテーマ編集から子テーマのCSSファイルをいじることが出来るようになります。

中に入っているのはfunction.php、style.css、あとYARPPというプラグイン用のファイルだけだったので、別のファイルを子テーマに入れる場合はFTPソフトやレンタルサーバーの機能を使ってコピーするのが良いと思います。

WEBフォントを使ってみました

さわらびゴシックというGoogleWEBフォントを使ってみています。

今、有償のWEBフォントの導入を検討しているので試しにやってみたんですが、プラグインだと凄く楽そうだなぁって思っております。

各種ボタンの色を変えてみます

見出しのデザインも変更します

何を隠そう書き途中の記事ですみません。